名前
  • 氏(ウジ):眞野【日本書紀】(ま)真野
  • 姓(カバネ):首【日本書紀】(おびと)
  • 名:弟子【日本書紀】(でし)
生年月日
( ~ 推古天皇20年12月30日)
没年月日
(推古天皇20年1月1日 ~ )
出来事
  • 推古天皇20年

    百済人味摩之が帰化して言うには「呉で学んで伎楽の舞を会得しました」と。
    それで桜井(さくらい)に住まわせ、少年を集めて伎楽の舞を習わせた。
    真野首弟子・新漢斉文の二人が習ってその舞を伝えた。
    これは今の大市首(おおちのおびと)辟田首(さきたのおびと)らの祖大市首の祖が真野首弟子、辟田首の祖が新漢斉文か。詳細不明。である。

    【日本書紀 巻第二十二 推古天皇二十年是歳条】