兎神

名前
  • 兎神【古事記】(うさぎが)兎神
  • 稻羽之素兎【古事記】(いなばしろうさぎ)稲羽之素兎
  • 稻羽素兎【先代旧事本紀】(いなばしろうさぎ)稲羽素兎
出来事
  • 大国主神の兄弟には八十神(やそがみ)大勢の神々。がいた。しかし皆が大国主神に国を譲った。その譲ったわけは、その八十神それぞれが稲羽(いなば)八上比売と結婚したいと思って、共に稲羽に行ったとき、大穴牟遅神に袋を負わせて従者として連れて行った。気多(けた)の岬に着いたとき、裸の兎が伏していた。そこで八十神は兎に「お前がすることは、この海水を浴びて、風の吹くのに当たり、高い山の頂上に伏しておくことだ」と言った。それでその兎は八十神の教えに従って伏した。すると海水が乾き、その体の皮が風に吹かれてひび割れた。それで痛みと苦しみで泣き伏した。最後にやって来た大穴牟遅神は、その兎を見て「なぜ泣き伏しているのだ」と言うと、兎は答えて、「私は淤岐島(おきのしま)にいて、この地に渡りたくても渡れませんでした。それで海の和邇(わに)これをワニとする説と、サメとする説があるが、ここでは断定せずに和邇とする。を欺いて、『あなたと私と、どちらの同族が多いか数えてみたい。それであなたは同族皆を連れて来て、この島から気多の岬まで並んで伏していてください。私はその上を踏み走って数えます。これで私の同族とどちらが多いか知ることが出来ます』と言いました。そして欺かれて並び伏したときに、私はその上を踏み、数えながら渡って来て、今まさに地に降りようとしたときに、私が『お前は私に欺かれたのだ』と言い終わった途端に、最後に伏していた和邇に私は捕まり、衣服を剥がされました。それで泣いていたのです。そこに先にやって来た八十神の命から『海水を浴びて風に当たり伏しておけ』と教えられたので、その教えに従いましたが、体中が傷だらけになってしまいました」と。
    大穴牟遅神はその兎に「急いで水門(みなと)に行って、自分の体を水で洗いなさい。そしてその水門の蒲の花粉を取って敷き散らし、その上を繰り返し寝転がれば、あなたの肌は必ず癒えるでしょう」と教えた。
    それで教えの通りにすると、その体は元どおりになった。これが稲羽の素兎(しろうさぎ)である。今では兎神という。
    それでその兎は大穴牟遅神に「この八十神は、きっと八上比売を得ることは出来ないでしょう。袋を負ってるとはいえども、あなた様が得るでしょう」と言った。

    【古事記 上巻】