名前
  • 秦大津父【日本書紀】(はたのおおつち, はたおほつち)
出来事
  • 欽明天皇が幼い時に、継体天皇の夢に人が現れて「天皇が秦大津父という者を寵愛なされば、壮年に至り必ず天下を治めることになります」と言った。
    驚いて目を覚まし、使いを遣わして探させると山背国の紀伊郡の深草里で得た。
    姓字は果して夢のとおりであった。
    喜びが身に満ちて、珍しい夢に感嘆した。
    そして「お前に何事かあったか」と言うと、答えて「ございません。ただ私が伊勢に行き商いして帰るときに、山で二匹の狼が争って血に塗れていることろに遭遇しました。それで馬から降りて口と手を洗い、『あなたは貴き神で、荒い行いを好みます。もし狩人に逢えばすぐに捕えられてしまうでしょう』と言いました。そして争うのを止めて血塗られた毛を洗って逃してやり、共に命を助けました」と言った。
    天皇は「きっとこの報せであろう」と言った。
    そして近くに侍らせて優遇した。それで大いに饒富を致した。

    欽明天皇践祚に至り、大蔵省(おおくらのつかさ)に就けた。

    【日本書紀 巻第十九 欽明天皇即位前紀】
  • 欽明天皇元年8月

    秦人・漢人ら隣国から帰化した者を集めて国・郡に置いて戸籍に入れた。
    秦人の戸数は惣七千五十三戸。
    大蔵掾即位前紀に見える秦大津父を指すか。を以って秦伴造(はたのみやつこ)とした。

    【日本書紀 巻第十九 欽明天皇元年八月条】