名前
  • 八口采女鮪女【日本書紀】(やくちうね
  • 女孺鮪女【日本書紀】(めのわらわしびめ, わらはし
生年月日
( ~ 推古天皇36年3月6日)
没年月日
(推古天皇36年3月6日 ~ )
出来事
  • ( ~ 推古天皇36年3月6日)【日本書紀 巻第二十二 推古天皇三十六年三月壬子条】

    蘇我蝦夷の病を見舞う山背大兄王に、推古天皇の詔を伝えて「お前の叔父の大臣は常にお前のこと憂えて、やがては嗣位(ひつぎのくらい)がお前に当るのではないかと言っている。だから慎んで自愛するように」と言う。

    【日本書紀 巻第二十三 舒明天皇即位前紀 推古天皇三十六年九月条】
  • 推古天皇36年3月6日【日本書紀 巻第二十二 推古天皇三十六年三月壬子条】

    推古天皇が臨終の時に、栗下女王に率いられて近習数十人と共に推古天皇に付き添う。

    【日本書紀 巻第二十三 舒明天皇即位前紀 推古天皇三十六年九月条】