弟彦王

名前
  • 弟彥王【新撰姓氏録抄】(お)弟彦王
出来事
  • 神功皇后が新羅を征伐して帰国した。

    翌年、車駕が都に還ろうとする時、忍熊別皇子らが密かに謀反を企んで明石の堺に兵を備えて待っていた。
    皇后は見分けて弟彦王を針間(はりま)吉備(きび)の堺に遣わし、関を造って防がせた。
    いわゆる和気関(わけのせき)がこれである。

    太平の後、(みとも)に従った勲を録して封地を与えた。
    そして吉備の磐梨県(いわなしのあがた)を被り、初めて家とした。


    光仁天皇宝亀五年、改めて和気朝臣(わけのあそみ)の姓を賜った。

    【新撰姓氏録抄 第一帙 第五巻 右京皇別下 和気朝臣条】
関連
  • 先祖:鐸石別命ぬてしわけのみこと【新撰姓氏録抄 第一帙 第五巻 右京皇別下 和気朝臣条】