名前
  • 氏(ウジ):境部(さかいべ, さか
  • 姓(カバネ):臣(お
  • 名:毛津【日本書紀】つ)
没年月日
推古天皇36年9月
  • 境部摩理勢さかいべのまりせ【日本書紀 巻第二十三 舒明天皇即位前紀 推古天皇三十六年九月条】
先祖
  1. 境部摩理勢
    1. 蘇我稲目
      1. 蘇我馬背
    2. unknown
  2. unknown
出来事
  • 推古天皇36年9月

    境部摩理勢蘇我蝦夷が派兵させた来たことを聞き、仲子(なかち)兄弟で中間の子。阿椰を率いると門を出て胡床に坐って待った。
    時に兵がやってきて、命令を受けた来目物部伊区比が絞め殺した。
    父子共に死に、同じ所に埋められた。
    ただ兄子(このかみ)長子。の毛津は尼寺の瓦舎(かわらや)に逃げ隠れた。
    そこで一人二人の尼を犯した。これを一人の尼が表沙汰にした。
    寺を囲んで捕えようとすると、脱出して畝傍山に入ったので山を探らせた。
    毛津は逃げ入る所も無く、頸を刺して山中で死んだ。

    時の人は歌った。

    ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()()

    【日本書紀 巻第二十三 舒明天皇即位前紀 推古天皇三十六年九月条】