豊斟渟尊

名前
  • 豐斟渟尊【日本書紀】くむぬ)豊斟渟尊
  • 豐國主尊【日本書紀】くにぬし)豊国主尊
  • 豐組野尊【日本書紀】くむ, )豊組野尊
  • 豐香節野尊【日本書紀】かぶ, かぶし)豊香節野尊
  • 浮經野豐買尊【日本書紀】(うかぶののとよかうのみこと, うかぶかふ, うかぶののとよかいのみこと, うかぶ, うきふののとよかうのみこと, うかふ, うきふののとよかいのみこと, う)浮経野豊買尊
  • 豐國野尊【日本書紀】くに)豊国野尊
  • 豐齧野尊【日本書紀】かぶ)豊囓野尊
  • 葉木國野尊【日本書紀】(はくに)葉木国野尊
  • 見野尊【日本書紀】
  • 豐雲野神【古事記】)豊雲野神
  • 葉木國尊【先代旧事本紀】(はくに)葉木国尊
  • 淨經野豐買尊【先代旧事本紀】浄経野豊買尊
  • 豐齧別尊【先代旧事本紀】かぶわ)豊囓別尊
キーワード
  • 天地開闢
性別
男神【日本書紀 巻第一 神代上第一段】
称号・栄典
  • 神世七代かみのよななよ【日本書紀 巻第一 神代上第三段】
出来事
  • 神世七代の三代目として誕生する。

    【日本書紀 巻第一 神代上第一段】
    • 独神として生まれ、身を隠した。

      【古事記 上巻】
    • 神世七代の二代目として、国常立尊と共に誕生する。

      【先代旧事本紀 巻第一 神代系紀】