名前
  • 逹率自斯【日本書紀】(たつそつじし, だつそちじし)達率自斯
  • 自斯【日本書紀】(じし)
生年月日
( ~ 643年7月14日)
没年月日
(643年7月24日 ~ )
  • 達率武子たつそつむし【日本書紀 巻第二十四 皇極天皇二年七月辛亥条】
先祖
  1. 達率武子
出来事
  • 643年7月14日

    百済の朝貢船が難波津に泊る。

    【日本書紀 巻第二十四 皇極天皇二年六月辛丑条】
  • 643年7月24日

    大夫たちを難波郡に遣わして百済国の調と献上品を調べた。
    大夫は調の使いに「進上する調が前例より少なく、大臣に送る物も去年返した物と変らない。群卿に送る物は無く、全て前例と違う。どういうことか」と問うた。
    大使達率自斯・副使恩率軍善は共に「速やかに準備します」と答えた。
    自斯は人質達率武子の子である。

    【日本書紀 巻第二十四 皇極天皇二年七月辛亥条】