名前
  • 天津久米命【古事記】(あまつく
  • 天槵津大来目【日本書紀】(あめのくしつおおくめ, あくしつおほく, あまのくしつおおくめ, あまくしつおほく
キーワード
  • 久米直(くめのあたい)等之祖【古事記 上巻】
  • 来目部(くめべ)遠祖【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一書第四, 古語拾遺 神代段】
出来事
  • 天津日子番能邇邇芸命竺紫(つくし)日向(ひむか)高千穂(たかちほ)くじふる岳槵触山のことか。原文は「久士布流多気」に天降ったとき、天忍日命と天津久米命の二人は天之石靫(あめのいわゆぎ)を負い、頭椎之大刀(くぶつちのたち)を佩き、天之波士弓(あめのはじゆみ)を持ち、天之真鹿児矢(あめのまかこや)を手に挟み、面前に立って仕えた。

    【古事記 上巻】
    • 天忍日命に率いられて、天孫天津彦国光彦火瓊瓊杵尊に従う。

      【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一書第四】
    • 天忍日命に率いられて、武器を帯びて先駆けたが、戻ってきて、「一柱の神が天八達之衢(あめのやちまた)におります。その鼻の長さは七咫、背丈は七尺、口尻は照り輝き、目は八咫鏡のようです」と報告した。

      【古語拾遺 神代段】