名前
  • 天熊人【日本書紀,先代旧事本紀】(あくま, あまくま, あくまうし)
  • 天熊人命校異。【先代旧事本紀】(あくま, あまくま, あくまうし
出来事
  • 天照大神の命で、保食神の死を確認する。
    その神の頭頂部には牛馬が生まれ、額の上には粟が生まれ、眉の上には繭が生まれ、目の中には稗が生まれ、腹の中には稲が生まれ、陰部には麦・大豆・小豆が生まれていた。天熊人は全て取り、持ち帰って進上した。

    【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第十一】