名前
  • 津咋見神【古語拾遺】(つくいみのかみ, つく)津咋見神
出来事
  • 天照大神天石窟(あめのいわや)にこもった際に、天日鷲神と共に穀の木を植えて白和幣(しらにきて)を作る。
    これは木綿(ゆう)である。一夜にして茂った。

    【古語拾遺 神代段】