名前
  • 曇徵【日本書紀】(どんちょう, どむてう)曇徴
  • 曇微校異【日本書紀】
生年月日
( ~ 610年4月28日)
没年月日
(610年3月30日 ~ )
出来事
  • 610年(3月30日 ~ 4月28日)

    高麗王が僧の曇徴・法定を貢上する。
    曇徴は五経に通じており、また絵具・紙・墨を作り、あわせて碾磑(みずうす)水力を利用した臼。も造った。
    碾磑を造ったのはこの時に始まるか。

    【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十八年三月条】