名前
  • 幡媛【日本書紀】(はた
生年月日
( ~ 安閑天皇2年1月1日)
没年月日
(安閑天皇元年閏12月1日 ~ )
  • 廬城部枳莒喩いおきべのきこゆ【日本書紀 巻第十八 安閑天皇元年閏十二月是月条】
先祖
  1. 廬城部枳莒喩
  2. unknown
出来事
  • 安閑天皇元年閏12月

    廬城部連枳莒喩の娘の幡媛が物部大連尾輿瓔珞(くびたま)珠の首飾りを盗み取って春日皇后に献上した。
    事が発覚するに至り、枳莒喩は娘の幡媛を采女丁(うねめのよほろ)として献上した。これは春日部采女(かすがべのうねめ)である。

    【日本書紀 巻第十八 安閑天皇元年閏十二月是月条】