名前
  • 天糠戶者【日本書紀】(ああら, ああら, あぬか, あぬか, あまあら, あまあら, あまぬか, あまぬか)天糠戸者
  • 天拔戶【日本書紀】(あぬか, あまぬか)天抜戸
  • 天糠戶命【古語拾遺】(あぬか, あまぬか)天糠戸命
  • 天糠戶神【先代旧事本紀】(あぬか, あまぬか)天糠戸神
キーワード
  • 鏡作部(かがみつくりべ)遠祖【日本書紀 巻第一 神代上第七段 一書第二】
  • 鏡作祖【先代旧事本紀 巻第二 神祇本紀】
  • 鏡作連等祖【先代旧事本紀 巻第三 天神本紀】
  • ・・・
    • 石凝姥命いしこりとめのみこと日本書紀と比べて、親子関係が逆転している。【先代旧事本紀 巻第二 神祇本紀】
  • 己凝戸辺おのこりとべ【日本書紀 巻第一 神代上第七段 一書第三】
子孫
  1. 伊斯許理度売命
称号・栄典とても広〜い意味です。
出来事
  • 日神尊天石窟(あめのいわや)にこもった際に鏡を造る。

    【日本書紀 巻第一 神代上第七段 一書第二】
    • 子の己凝戸辺八咫鏡(やたのかがみ)を作る。

      【日本書紀 巻第一 神代上第七段 一書第三】
    • 思兼神の命令で、天香山の銅を採り、日の形の鏡を造る。八咫鏡(やたのかがみ)という。またの名は真経津鏡(まふつのかがみ)という。

      【先代旧事本紀 巻第二 神祇本紀】