名前
  • 安原王(あんげんおう)
  • 香岡上王【日本書紀】(ぬたのすおりこけ, ぬたのすをりこけ, ぬたすをりこけ, かかのくすれすおりこけ, あすめすおりこけ)
  • 陽原王ようげんおう【母:不明】
子孫
  1. 陽原王
出来事
  • ・・・
    • (545年1月28日 ~ 546年2月15日)

      高麗(こま)が大いに乱れて誅殺される者が多かった。

      【日本書紀 巻第十九 欽明天皇六年是歳条】
    • 十二月甲午に高麗国(こまのくに)細群麁群が宮廷で戦った。鼓を打って戦った。
      細群が敗れて兵を解かないこと三日。ことごとく細群の子孫は捕えられて誅殺された。

      戊戌に狛国(こまのくに)高麗国に同じ。高句麗。の香岡上王が薨じる。

      【日本書紀 巻第十九 欽明天皇六年是歳条 百済本記云】
    • (546年2月16日 ~ 547年2月5日)

      高麗(こま)が大いに乱れた。およそ戦死者は二千余。

      【日本書紀 巻第十九 欽明天皇七年是歳条】
    • 高麗は正月の丙午を以って中夫人のを立てて王とした。年八歳。
      狛王に三人の夫人あり。
      正夫人には子が無かった。
      中夫人は世子を生んだ。その舅氏(しゅうと)外戚。麁群である。
      小夫人も子を生んだ。その舅氏が細群である。
      狛王が重病になると、細群麁群はそれぞれその夫人の子を立てようとした。それで細群の死者二千余人となった。

      【日本書紀 巻第十九 欽明天皇七年是歳条 百済本記云】