井光

名前
  • 井光【日本書紀】(いひか, ゐか, いひかり, ゐかり)
  • 井氷鹿【古事記】(いひか, ゐか)
  • 加彌比加尼【新撰姓氏録抄】(かかね)加弥比加尼
  • 豐御富【新撰姓氏録抄】ほ)豊御富
  • 水光姬【新撰姓氏録抄】, かり)水光姫
  • 水光神【新撰姓氏録抄】, かり)水光神
キーワード
  • 吉野首部(よしののおびとべ)始祖【日本書紀 巻第三 神武天皇即位前紀 戊午年八月乙未条】
  • 吉野首等祖【古事記 中巻 神武天皇段】
  • 後裔は大和国吉野連(よしののむらじ)【新撰姓氏録抄 当サイトまとめ】
生年月日
( ~ 戊午年8月2日)
没年月日
(戊午年8月2日 ~ )
  • 白雲別神しらくもわけのかみ【新撰姓氏録抄 第二帙 第十七巻 大和国神別 地祇 吉野連条】
先祖
  1. 白雲別神
出来事
  • 戊午年8月2日

    神武天皇が吉野に巡幸した時、井戸の中から人が出てきた。光る尾があった。天皇が「お前は何者だ」と問うと、「私は国神で、名は井光と申します」と答えた。

    【日本書紀 巻第三 神武天皇即位前紀 戊午年八月乙未条】
    • 尾の生えた人が井戸から出てきた。その井戸は光っていた。そこで「お前は誰か」と問うと、「私は国神で、名は井氷鹿といいます」と答えた。

      【古事記 中巻 神武天皇段】
    • 神武天皇が吉野に行幸して神瀬(かみのせ)に至り、人を遣わして水を汲ませた。
      使者が帰還して「井戸に光る女がおります」と言った。
      天皇が召して「お前は誰だ」と問うと、答えて「私は天より降った白雲別神の娘です。名は豊御富と申します」と。
      天皇は水光姫と名付けた。
      今の吉野連(よしののむらじ)が祭るところの水光神がこれである。

      【新撰姓氏録抄 第二帙 第十七巻 大和国神別 地祇 吉野連条】