伊都都比古

名前
  • 伊都都比古【日本書紀】(いつつ)伊都都比古
出来事
  • 都怒我阿羅斯等穴門(あなと)にやって来た時に、「自分はこの国の王である。自分の他に二王はいない。他のところには行くな」と虚言を吐くが、看破される。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇二年是歳条 一云 第一】