名前
  • 天探女【日本書紀,先代旧事本紀】(あさぐ, あまさぐ
  • 天佐具賣【古事記】(あさぐ, あまさぐ)天佐具売
  • 天採女校異【先代旧事本紀】
出来事
  • 門前に立つ湯津杜木(ゆつかつら)の梢に雉が止まるのを見ると、「不思議な鳥が杜の梢に降りました」と天稚彦に報告する。

    【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
    • 天稚彦の門前の湯津杜(ゆつかつら)の樹の梢に止まり、「天稚彦よ。なぜ八年間、復命しないのだ」と鳴いた。
      天探女はその雉を見て「鳴声の悪い鳥が、この樹の梢にいます。射殺してしまいましょう」と言った。

      【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一書第一】
    • 天若日子に「この鳥の鳴き声は、とても不吉です。だから射殺してしまいなさい」と報告する。

      【古事記 上巻】
    • この雌雉の鳴声を聞いて、天稚彦に「鳴声の怪しい鳥がこの樹の上にいます。射殺してしまいましょう」と言った。

      【先代旧事本紀 巻第三 天神本紀】