目杵

名前
  • 目杵【日本書紀】
生年月日
( ~ 仁徳天皇60年10月30日)
没年月日
(仁徳天皇60年10月1日 ~ )
出来事
  • 仁徳天皇60年10月

    白鳥陵(しらとりのみささぎ)の陵守たちを役丁(えよほろ)農民などの普通の課役。にあてた。

    時に仁徳天皇自ら役所に臨んだ。陵守の目杵は白鹿に化けて逃げた。
    天皇は詔して「この陵はもとから空だった。それでその陵守を除こうと思って役丁にあてた。今この不思議を見ると甚だ恐ろしい。陵守は動かしてはならない」と。
    そしてまた土師連(はじのむらじ)らに授けた。

    【日本書紀 巻第十一 仁徳天皇六十年十月条】