苞苴担之子

名前
  • 苞苴擔之子【日本書紀】(にえもつのこ, にもつ)苞苴担之子
  • 贄持之子【古事記】(にえもつのこ, に
  • 包草擔之子【先代旧事本紀】(にえもつのこ, にもつ)包草担之子
キーワード
  • 阿太養鸕部(あたのうかいべ)始祖【日本書紀 巻第三 神武天皇即位前紀 戊午年八月乙未条】
  • 阿陀之鵜飼(あだのうかい)之祖【古事記 中巻 神武天皇段】
生年月日
( ~ 戊午年8月2日)
没年月日
(戊午年8月2日 ~ )
出来事
  • 戊午年8月2日

    神武天皇が吉野に巡幸した時、梁を設けて魚を取る者がいた。天皇が「お前は何者だ」と問うと、「私は苞苴担之子です」と答えた。

    【日本書紀 巻第三 神武天皇即位前紀 戊午年八月乙未条】
    • 吉野河の河尻に着いた時、(うけ)を作って魚を取る人がいた。天つ神の御子が「お前は誰か」と問うと、「私は国神で、名は贄持之子といいます」と答えた。

      【古事記 中巻 神武天皇段】