金波鎮漢紀武

名前
  • 金波鎭漢紀武【古事記】(こんはちんかんきむ, こむはちむかむむ)金波鎮漢紀武
出来事
  • 新良(しらぎ)の国主に命じられ、 御調(みつぎ)の大使として船八十一艘を允恭天皇に献上する。

    薬の処方を深く知っていたので、天皇の病を治した。

    【古事記 下巻 允恭天皇段】