名前
  • 氏(ウジ):物部【日本書紀】(も
  • 名:八坂【日本書紀】(やさか)
生年月日
( ~ 用明天皇2年4月2日)
没年月日
(用明天皇2年4月2日 ~ )
出来事
  • 用明天皇2年4月2日記事に二年夏四月乙巳朔丙子とあるが、乙巳を朔日とすると丙子(32日)は誤り。次の崩御記事が癸丑(9日)であるから丙午(2日)か壬子(8日)が候補か。当サイトでは丙午とする。

    大市造小坂漆部造兄と共に物部守屋の命令を受け、物部守屋阿都(あと)物部守屋の別業がある所の地名。に退いた理由を蘇我馬子に説明する。

    【日本書紀 巻第二十一 用明天皇二年四月丙子条】