恩荷

名前
  • 恩荷【日本書紀】(おが)
キーワード
  • 蝦夷
生年月日
( ~ 斉明天皇4年4月29日)
没年月日
(斉明天皇4年4月1日 ~ )
称号・栄典とても広〜い意味です。
  • 小乙上しょうおつじょう【日本書紀 巻第二十六 斉明天皇四年四月条】
出来事
  • 斉明天皇4年4月

    阿陪臣「闕名」とある。が船軍百八十艘を率いて蝦夷を討った。
    齶田(あぎた)渟代(ぬしろ)の二郡の蝦夷が怖気づいて降伏した。
    軍を整えて船を齶田浦に連ねた。
    齶田の蝦夷恩荷が進み出て誓って言うには「官軍と戦う為に弓失を持っているのではありません。我々は肉食の生活なので持っているのです。もし官軍に対して弓失を用いれば、齶田浦の神が許しません。清く明らかな心で朝廷にお仕えします」と。
    そこで恩荷に小乙上を授け、渟代・津軽の二郡の郡領(こおりのみやつこ)に定めた。
    遂に有間の浜に渡島の蝦夷らを召集して大いに饗応して帰らせた。

    【日本書紀 巻第二十六 斉明天皇四年四月条】