磐城殷

名前
  • 氏(ウジ):磐城【日本書紀】(いわき, いは)磐城
  • 姓(カバネ):村主【日本書紀】(すぐり)
  • 名:殷【日本書紀】(おお, おほ)
生年月日
( ~ 天智天皇3年12月30日)
出来事
  • 天智天皇3年12月

    淡海国が言うには、「坂田郡(さかたのこおり)の人小竹田史身の猪の水桶の中にいつの間にか稲が生じました。が取って収めると、日に日に富が増えました。栗太郡(くるもとのこおり)の人磐城村主殷の新婦の部屋の端に、一晩の間に稲が生じて穂がつきました。翌朝には熟れて穂が垂れました。翌日の夜にはまた一つの穂が新婦の庭に出て、二個の鍵が天から落ちてきました。(おんな)はそれを取って殷に渡しました。殷は富を得るようになりました」と。

    【日本書紀 巻第二十七 天智天皇三年十二月是月条】