三島飯粒

名前
  • 氏(ウジ):三嶋【日本書紀】しま)三島
  • 姓(カバネ):縣主【日本書紀】(あがたぬし)県主
  • 名:飯粒【日本書紀】(いいぼ, いぼ)飯粒
生年月日
( ~ 安閑天皇元年閏12月4日)
没年月日
(安閑天皇元年閏12月4日 ~ )
  • 鳥樹とりき【日本書紀 巻第十八 安閑天皇元年閏十二月壬午条】【母:不明】
出来事
  • 安閑天皇元年閏12月4日

    安閑天皇三島(みしま)に行幸した際に、派遣された大伴金村に良田を求められた。

    飯粒は喜ぶこと限りなく、謹しみ敬って誠を尽くした。
    そして上御野(かみのみの)下御野(しものみの)上桑原(かみのくわはら)下桑原(しものくわはら)、併せて竹村(たかふ)の地、全て合わせて四十町を献上した。
    そして子の鳥樹大伴金村に献じた。

    【日本書紀 巻第十八 安閑天皇元年閏十二月壬午条】