名前
  • 名瀨氷【日本書紀】(なせ)名瀬氷
  • 中瀨氷校異【日本書紀】(なせ)中瀬氷
生年月日
( ~ 欽明天皇23年6月30日)
没年月日
(欽明天皇23年6月1日 ~ )
  • 馬飼歌依うまかいのうたより【日本書紀 巻第十九 欽明天皇二十三年六月是月条】
  • 逢讃岐あうのさぬき【日本書紀 巻第十九 欽明天皇二十三年六月是月条】
先祖
  1. 馬飼歌依
  2. 逢讃岐
出来事
  • 欽明天皇23年6月

    ある人が馬飼首歌依を讒言して「歌依の妻逢臣讃岐の下鞍に異なるところがあり、よくよく見ると皇后の御鞍です」と。
    すぐに捕えて官吏に渡し、厳しく問い質した。
    馬飼首歌依は言い訳して誓って言うには「嘘です。真実ではありません。もしこれが事実であれば必ず天災を被るでしょう」と。
    遂に拷問されて地に伏して死んだ。
    死んで間もない時に、急に大殿に火災があった。
    官吏はその子守石と名瀬氷を捕縛して火中に投げ入れようとして「火に投げる刑は、おそらく古の制である」とある。呪って言うには「我が手が投げるのではない。祝の手が投げるのである」と。
    呪い終って火に投げ入れようとした時に、守石の母が祈請して「子が火中に投げ入れれば天災がやって来るでしょう。どうか祝人に付けて神奴(かむやっこ)にして下さい」と言った。
    それで母の願いにより、許されて神奴とした。

    【日本書紀 巻第十九 欽明天皇二十三年六月是月条】