名前
  • 氏(ウジ):調【日本書紀】(つ
  • 姓(カバネ):吉士【日本書紀】し)
  • 名:伊企儺【日本書紀】(いな)
没年月日
欽明天皇23年7月
配偶者
  • 大葉子おおばこ【日本書紀 巻第十九 欽明天皇二十三年七月是月条】
  • 舅子おじこ【日本書紀 巻第十九 欽明天皇二十三年七月是月条】【母:大葉子おおばこ
子孫
  1. 舅子
出来事
  • 欽明天皇23年7月

    河辺瓊缶に従い新羅と戦うが大敗、虜となってしまう。

    調吉士伊企儺は、人となりは勇烈で遂に降伏しなかった。
    新羅の闘将は抜刀して斬ろうとした。
    無理に(はかま)を脱がし、尻臀(しりたぶら)を日本に向けさせて、大声で「日本の将、我が尻を喰らえ」と叫ばせようとした。
    即ち「新羅の王、我が尻を喰らえ」と叫んだ。責められても前の如く叫んだ。
    これにより殺された。
    その子舅子は父を抱いて死んだ。
    伊企儺の言葉を奪い難きことこのようであった。
    これを諸将も惜しんだ。
    その妻大葉子も虜となった。悲嘆にくれて歌を詠んだ。

    ()()()()() ()()()()()𦤶()() ()()()()() ()()()()()() ()()()()()()()

    ある人が答えて

    ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()()

    と。

    【日本書紀 巻第十九 欽明天皇二十三年七月是月条】
関連
  • 調吉士つきのきし同一人物の可能性もある。