名前
  • 彌至己知奈末【日本書紀】(みちこちなま)弥至己知奈末
  • 奈末【日本書紀】(なま)
生年月日
( ~ 560年11月3日)
没年月日
(560年10月5日 ~ )
出来事
  • 560年(10月5日 ~ 11月3日)

    新羅が弥至己知奈末を遣わして欽明天皇調賦(みつき)を献じた。
    饗応されて賜物も常より多かった。
    奈末は喜んで退出して言うには「調賦の使者は国家として重要なものであり、私議は軽んじ賤しまれるものです。使者は人民の命が懸っていますが、選ばれて用いられる時に卑しまれてしまいます。王政の弊はこれによります。願わくは良家の子を使者とし、卑賤の者を使者にしてはなりません」と。

    【日本書紀 巻第十九 欽明天皇二十一年九月条】