名前
  • 溝邊直【日本書紀】(みぞべのあたい, みぞあた)溝辺直
生年月日
( ~ 欽明天皇14年5月7日)
没年月日
(欽明天皇14年5月7日 ~ )
出来事
  • 欽明天皇14年5月7日

    河内国が言うには「泉郡(いずみのこおり)茅渟海(ちぬのうみ)の中から仏教の楽の音がします。雷の音のように響き、日光のように麗しく照り輝いています」と。
    欽明天皇は不思議に思い、溝辺直「此にただ直とのみ記して名を記さないのは、是を伝え写すうちに誤って失ったか」とある。を遣わして海中を探させた。
    この時に溝辺直は海に入り、果して海に浮かび照り輝く樟木を見つけ、これを取って天皇に献上した。
    画工(えたくみ)に命じて仏像二躯を造らせた。
    今の吉野寺に光を放つ樟の像である。

    【日本書紀 巻第十九 欽明天皇十四年五月戊辰朔条】